全ての記事

古墳祭り開催~未来へ向かって出発進行!~

2018年11月27日(火)全ての記事 > 活動報告

11月4日(日)に今回で13回目となる「古墳祭り」が開催されました。清々しい秋晴の下、見野の郷交流館と、見野古墳群和光公園には、市内外から親子連れを中心に4,200名もの方々が来場されました。今回も、古墳祭り実行委員長を務める竹中隆一姫路市議会議員の開会の挨拶で始まり、17のイベントが用意され来場された方々に楽しんでいただきました。

▲  オープニングの様子 会場には沢山の方々が詰めかけました。

▲「ムーラン」、「エイサー」や和太鼓ショーでは、「鼓欣衆」「天魁」「鼓鼓呂」「楽鼓舞」の皆様に会場を盛り上げていただきました。


▲芝生広場では、「ふれあいミニ動物園」「勾玉チャンピオン大会」「火おこし体験」を実施しました。


▲見野古墳群和光公園では「似顔絵コーナー」、「ミニSL蒸気機関車の運行」、「砂山お宝ゲーム」を行い、親子連れを中心に楽しんでいただきました。


交流館大ホールでは、「おもてなしコーナー」、初めての試み「古墳検定」を実施。その後、「勾玉チャンピオン大会表彰」、「古墳検定表彰」を行いました。

▲「姫路マジッククラブショー」による手品と「なるみ堂一座」によるチンドン屋ショーに会場は大いに盛り上がりました。


▲「カラオケ歌い切りまショー」では複数名が歌い切り、最後の「ビンゴゲーム」まで、交流館大ホールは大勢の来場者でいっぱいでした。

※この記事と同じカテゴリーには59件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る