全ての記事

追悼と伝統の盆踊り、華やかに

2012年8月29日(水)全ての記事 > 近況報告

  8月19日(日)、第2回目となる四郷校区盆踊り大会が、四郷小学校グラウンドで開催され、地域の内外から家族連れなど約1,300名で賑わいました。

 東日本大震災の追悼と播州音頭など伝統文化の継承のため昨年から開催されるようになったこの盆踊りですが、今年は好天に恵まれ野外での開催となりました。

 立派な櫓とちょうちんが飾られた会場では浴衣姿の観客が徐々に集まり、午後4時にはバザーが開店。四郷町の各町や団体の皆様が趣向を凝らして出店された、おでんやたこ焼きなど定番の食べ物や飲み物、くじ引きなど様々なテントが立ち並びました。そして午後6時には四郷校区連合自治会長を務める竹中隆一市議会議員の挨拶でいよいよ盆踊り大会が開催。

 グラウンドには大きなお踊りの輪が出来上がり、FMゲンキのパーソナリティー、西田理恵さんの炭坑節や堀川町播州音頭保存会、播州段文音頭揖西町保存会、そして四郷町有志の皆さんによる生唄、生演奏による伝統の播州音頭に合わせて大人も子供も気持ちよさそうに踊りました。夜も更けていよいよ終幕が近付くと、豪華景品が当たる抽選会や大がかりな仕掛け花火で感動のフィナーレを迎え、惜しまれながらお開きとなりました。

※この記事と同じカテゴリーには44件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る