近況報告

第4回 皮革フェアが開催されました

2012年4月3日(火)近況報告

第4回皮革フェア、今年は昨年より多く3,500人で賑わいました。

オープニングセレモニー

▲オープニングセレモニー(上鈴総合センターにて)

3月11日(日)、姫路市御国野町及び四合町内において、今年で4回目となる皮革フェアが開催され、会場となった西御着、上鈴、中鈴の各総合センター及び見野の郷交流館では市内外から家族連れなど約3,500名の訪問客で賑わいました。姫路の皮革産業は1,500年の歴史と伝統、そして品質において全国的にも有名で、御着・四郷地区もその一大産地のひとつです。このPRと皮革商品のよさを広く知ってもらおうと地元と行政が一体となって毎年皮革フェアを開催しています。


開会の挨拶を述べる竹中隆一市議会議員 この日は好天にも恵まれ、午前9時30分には皮革フェア実行委員会委員長を務める竹中隆一市議会議員の挨拶の後、姫路別所高校吹奏楽部の皆さんのオープニング演奏でいよいよ皮革フェアが開幕。各会場では皮革製品の展示即売店やレザークラフト体験教室、地元の皆さんの温かい手料理などで訪問客を迎えました。

訪れた皆さんは口々に「良い品が安く買えて嬉しい。」「毎年楽しみにしています。」「また来年も来たい。」と仰っていました。





(開会の挨拶を述べる竹中隆一市議会議員)


(西御着会場)

西御着会場01西御着会場02

(レザークラフトの体実演や皮革製品の展示販売、コロッケや豚汁が振る舞われました。)


(上鈴会場)

上鈴会場01上鈴会場02

(ニューレザーコンテスト2011作品展やレザークラフト教室のほか、カレーライスが大人気。

皮革製品の販売も多数の店が並び大賑わいでした。)


(中鈴会場)

中鈴会場01中鈴会場02

(皮革製品の激安販売、クラフト体験コーナー、うどん等のお食事コーナーも大賑わい。)


(見野の郷交流館会場)

見野の郷交流館会場01見野の郷交流館会場02

(コラーゲンの展示と皮革の小物販売、岩田健三郎似顔絵コーナーが大人気。けん玉、竹とんぼ大会のほか、人気の「うまいもん市」、茶碗や味噌田楽、ぜんざいの振る舞いも。東日本大震災支援活動記録写真も展示しました。)

見野の郷交流館会場03見野の郷交流館会場04



集まった義金は被災地のため寄付しました

東日本大震災支援活動記録写真も展示 なお、この日は東日本大震災よりちょうど1年になり、東日本大震災支援活動記録写真も展示しました。未だ震災の傷が癒えぬ被災地のため募金を呼び掛け、14時46分には被災者の皆様へ哀悼の意を表すため黙祷を捧げました。

4会場で集まった92,403円の募金は、東日本大震災義援金として皮革フェア実行委員会より神戸新聞厚生事業団に寄付しました。ご協力を頂いた皆様、誠にありがとうございました。








皮革フェアの前夜に・・

皮革フェアの前日10日(土)に四郷校区婦人会主催による「JAZZ PARTY 2012」が開催され120名が集まりました。

この催しは皮革の皆さんによる歌と演奏に心地よい夕べを過ごされました。


※この記事と同じカテゴリーには47件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る