近況報告

今年の古墳祭りは沖縄づくし

2013年11月26日(火)近況報告

11月2日(土)から3日(日)にかけて見野の郷交流館で第8回古墳祭りが開催されました。2日(土)は前夜祭を開催、この様子はFMゲンキで公開放送されパーソナリティー西田理恵さんが古墳祭りの見所を紹介してくれました。そして本祭となった3日(日)はあいにくの曇空が広がる天候でしたが、予定通り10時から古墳祭り実行委員長を務める竹中隆一市議会議員が開会を宣言。四郷幼稚園と四郷和光保育所の児童40名の皆さんが、会場に現れたしろまるひめ、そして黒田官兵衛イメージキャラクター「かんべえくん」と一緒に「かんべえくん体操」と演技を披露し、今年の古墳祭りのオープニングを飾りました。

この日は沖縄をテーマにした料理や文化を紹介。なかでも沖縄の歌姫といわれる仲田まさえさんのコンサートがイベントを盛り上げました。仲田さんは琉球民謡協会主催最高賞(三線)(1997年)など数々の賞を受賞し、2000年のG8九州沖縄サミット沖縄芸能派遣団の一員としても活躍、名実ともに沖縄芸能を支える重要人物の一人です。


集まった皆さんは、サーターアンダーギー(沖縄料理で揚げドーナツの一種)や沖縄そばに舌鼓を打ちながら「本場沖縄の演奏と流舞、そして美しい歌声に感動しました。」とにっこり。また、第1回古墳クイズ大会でも多くの参加者が挑戦しましたが、見事優勝を射止めたのはなんと西宮市から起こしの女性でした。「インターネットでこの行事を知り参加しました。」とおっしゃったように、最近は全国的に古墳ブームが広がっているようです。

他には勾玉チャンピオン大会、火起こし体験コーナーや見野古墳群スタンプラリーなど古墳にちなんだイベントをはじめ、人気の「うまいもん市」、昔遊び大会など、今年もイベントが盛り沢山の内容で、会場は地域内外からの家族連れなど約3,500人で賑わいました。


▲ 2日の前夜祭ではなんとFMゲンキで生放送!かんべえくんもやってきました

▲ オープニングは四郷幼稚園と四郷和光保育所の子どもたちが好演

▲ 「ふわふわシーワールド」で           ▲ 「マルだ!」「いやペケ!」古墳祭りクイズ大会より。

遊ぶ子どもたちとかんべえくん

▲ サーターアンダーギーと沖縄そばを調理する       ▲ 様々なお店が並ぶ「うまいもん市」が大賑わい

ボランティアの皆さん

▲ 勾玉づくりにチャレンジ!これでいいの?         ▲ 昔遊びで。輪ゴム取りってどうするの?

▲ 沖縄といえば空手。地元の「土屋道場」の皆さんが   ▲ 最後は皆さんでくじ引き大会を楽しみました

立派な演舞を見せてくれました

※この記事と同じカテゴリーには47件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る