お知らせ

見野古墳群の4基の古墳が、兵庫県指定文化財に登録されました

2019年2月22日(金)お知らせ > 活動報告

2019年2月21日、見野古墳群の4基の古墳が、兵庫県指定文化財に登録されました。

今回指定されたのは2つの石室を備えた双室墳である6号墳。全国で26例しかない希有なもので、地元では夫婦塚とも呼ばれています。


また明日香の石舞台古墳を連想させる、巨石を使用した横穴式石室として古くから姫路の石舞台として知られた10号墳。


最も古墳の形状が分かりやすい4号墳。


発掘調査で石室内部が特徴的であった3号墳。


15年間にわたる見野古墳群保存会(会長 竹中隆一)の取り組みによって、2006年に姫路市指定、そして今回の兵庫県指定となりました。

※この記事と同じカテゴリーには71件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る