全ての記事

晴天の下、第10回「皮革フェア」開催

2018年3月29日(木)全ての記事 > 活動報告


▲前日祭の様子                  ▲主催者挨拶(第二部)


3月11日(日)に今年で10回目となる「皮革フェア」を開催しました。今回も西御着、上鈴、中鈴各総合センター及び見野の郷交流館の四館合同開催で、地場産業である皮革産業の理解と宣伝普及また、各総合センターを広く市民に周知するため実施しました。

開催日当日は晴天に恵まれ、今年も各会場ともに趣向を凝らした催しが行われ、革製品やハギレを購入される方々など、合わせて4,600名の来客がありにぎわいました。上鈴総合センターでのオープニングでは、実行委員長を務める竹中隆一市議会議員の開会挨拶のあと、ロックグループ「スマイルレンジャー」の皆さんが「ええやん姫路」を熱唱し、会場を熱く盛り上げていただきました。

第二部では、ジャンベ太鼓演奏家 茂呂剛伸さん達の演奏に圧倒されました。カラオケぴったり大会では自己申告で点数を決めるやり方で大いに盛り上がりました。二日間、ご参加ご協力いただきました皆様ありがとうございました。


(西御着会場)

豚汁などが振舞われた入り口付近では多くの来客があり、皮革製品の展示販売、体験コーナーが人気でした。

(上鈴会場)

オープニングのスマイルレンジャーは今までにない盛り上がりを見せました。体験コーナーや、革製品の展示販売、カレーライスが振舞われ多くの来場がありました。

(中鈴会場)

トラックの荷台を舞台にして、生バンドの演奏、立杭焼の陶芸教室、炊き込みご飯の振舞い、革製品の販売やメロンパンの販売など盛りだくさんでした。

(見野の郷交流館会場)


版画家 岩田健三郎先生の似顔絵コーナー、「うまいもん市」が人気。革靴のオーダーメイド相談、輪投げ大会、子供くじ引き、茶粥や味噌田楽も振舞われました。ジャンベ太鼓演奏家 茂呂剛伸さん達の演奏は圧巻でした。カラオケ点数ぴったり大会、最後は宇多川都さんの歌声が響きました。










※この記事と同じカテゴリーには57件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る