全ての記事

平成21年度決算審査における問題点と改善内容

2011年1月31日(月)全ての記事 > 活動報告

平成21年度決算審査における問題点と改善内容 平成23年1月31日現在

担当局

号 

竹中隆一議員の指摘事項 改善内容
財政局 1 自動販売機の手数料が互助会の収入となるような建物の貸付は正しいのか
(職員厚生事業に売店会計があり、442万8711円の収入がある)
今後の売店事業のあり方を含めた職員局・互助会の検討を待ちたい。
2 姫路市全体で新聞の購読料が1,700万円上がっているが必要なのか 精査し、聞き取りを行い必要なもののみ予算措置を行う。
3 庁舎使用料の減額率と理由 使用面積等を正しく把握し、減額率等を見直す。
4 中核市で市長公舎を利用しているのは本市だけではないか
(公用部分と居住部分を合わせ240万円程度)
決算委員会での指摘も踏まえ、よく検討したい。(市長)
市長公室 5 姫路シーサイドゴルフ場の管理業者である青山開発の契約について
(21年度で5150万円、20年間で10億円)
管理業務について23年度に複数業者と見積もり合わせを行う。
6 市長公用車を私用で使っていないか 市民から疑念を抱かれないよう検討し、見直したい。
職員局 7 職員の残業が一部の者に偏っていないか
(全職員で約20億円。過去5年間の累計で最高が6002時間、15番目が3136時間。残業手当の最高が1879万円、15番目が711万円)
全体と個人についての考え方を整理する。
8

自動販売機の手数料443万円が互助会の収入となっているが本来、市の収入ではないのか

返還には職員互助会総会に諮る必要があり、総会に議題として上げていく。
9 交通教職員のみ一般行政職とした任用替の問題 すべての技能労務職員を対象に選考を行い、有能なやる気のある職員を任用替する。
建設局 10 大手前地下駐車場の新たな経営手法の検討
(21年度実質赤字2億5800万円)
再度、足元から検討したい。
11 道路における身体障害者対策の推進 今後、取り組むことを約束したい。

姫路駅周辺
整備本部

12 市長公室の所管となっているイベントゾーンは姫路駅周辺整備本部へ移管したほうがよいのではないのか 来年度には本部を市長公室から姫路駅周辺整備本部へ所管する予定。


危機管理室



13 エコパークあぼし爆発事故の総括 事故後、警察による検査を阻害しないよう、市長に対しては、関係職員が写真等により状況報告を行っていた。また、危機管理監においては、当事故が危機管理に該当するとの判断が遅れたと認識しているが、いずれにしても、市の初動体制、報告体制に遅れがあったことを反省している。
14 連合防犯協会補助金の透明性の確保(一括して連合防犯協会に支出するのではなく、地区ごとに支出することを要望) 支出のあり方について検討する。
健康福祉局 15 民児連への会費と民生委員への費用弁償のための補助金の相殺問題
(1人当たり年額11万8000円を支出)
市民児連・民児協等に対して、全民生委員が、民生委員・児童委員の活動助成金額及び会費徴収額の周知がなされるよう指導し、是正したい。
16 星の子館における長期にわたる青山観光との一者随意契約の適切性(宿泊型児童館フロント業務委託契約について)
(2700万円の委託料)
平成23年度の契約は、入札または見積り合わせにより、競争性を確保して業者選定したい。
市民生活局 17 くれさか環境事務組合における焼却施設運営にかかる委託契約について(焼却炉建設と運営については、別契約であるにかかわらず運営についても、建設業者に対して一者随契を継続しているため) 設置が予定されている業務委託入札審査委員会(仮称)の議論や考え方も参考にし、同組合に対し問題点の改善を要望していきたい。
18 くれさか環境事務組合の管理者等への合法性について(管理者及び副管理者は、福崎町長や本市副市長が就いているが、常勤の特別職であることから、地方自治法の定める兼業禁止に抵触する可能性があるため) 同組合に対して、改善を要請する。
交流振興局 19 国際交流における儀礼について 国際儀礼にのっとり、失礼のないように対応したい。
消防局 20 地域の実情に応じた消防分団の配置について 正副団長会議の中で考えをまとめていきたい。
商工観光局 21 姫路労働者福祉協議会会計決算報告書の検証について(776万円の補助金を支出する要因となった事業等の確認) 補助金の支出対象となる事業の改善を指導していきたい。
22 姫路観光コンベンションビューローの収支計算書の提出と今後の方針について(特に自販機手数料と売店収益のあり方) 今後の市全体の歳入改革の方針に基づき対応したい。
都市局 23 公営住宅の今後のあり方について 国や他都市の情報を得ながら、今後の管理方法等の検討を重ねていきたい。
教育委員会 24 書写の里と日本玩具博物館とのあり方について 話し合いを行い、両方がプラスになるよう努力する。
25 年間1億円の予算で美術館の美術品の購入をしているがこのままでよいのか 収集方法などルールを決めて市民が納得できるようにしたい。

 

審査日 9月議会 9月22日
    9月24日
    9月27日
    9月28日
    9月29日
    9月30日
    10月4日
  閉会中 10月19日
  12月議会 12月14日
  閉会中 1月18日
    1月31日

※この記事と同じカテゴリーには72件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る