お知らせ

姫路市埋蔵文化財センター『まい姫』10周年

2016年8月9日(火)お知らせ > 活動報告

8月2日(火)に、姫路市埋蔵文化財センター『まい姫』において、開館10周年を迎えたお祝いとして見野古墳群保存会が共同製作した「ポシャギ」(パッチワーク)の贈呈式が行われました。 見野古墳群保存会会長、四郷地区連合自治会長である竹中隆一市議会議員の挨拶からはじまり、中杉隆夫教育長、竹中安美理事長、そして「ポシャギ」製作に関わっていただいた方々による除幕式を行いました。 「古代からの贈りもの」と名づけられた色彩豊かな布は、当センター南側「宮山古墳」からの出土品で、国の重要文化財である銀錯貼金環頭大刀をモチーフにしています。1階のロビーから階段で登ったところに飾られています。これからも、姫路市埋蔵文化財センター『まい姫』は古代からの遺産を未来へと受け継ぐ重要な役割を担っていくことでしょう。

◀ 銀錯貼金環頭大刀

※この記事と同じカテゴリーには66件の記事が投稿されています。

活動報告

ページの先頭へ戻る